妊娠したいなら痩せるべき?~妊活に対する太っているデメリットとダイエットの効果~

「体重」と「妊娠のしづらさ」は、一見関係のない
むしろ「体が大きい」方が、よい傾向があるように思えます。

しかしながら、「現在極端に太っている」ということは
これから妊活・妊娠をするうえで、やはりデメリットの多いものであり
本来であればその前の段階で、可能な限り標準体型に近づけたいものと言えます。

また同時に、「痩せている」という状態は
太っていることと同様に、極端な場合に注意が必要です。

この「太っている」「痩せている」ということに関しては
その時点での、妊娠の確率に加えて「妊娠後」の経過にとってもマイナスであり

母子の健康を考えるうえでは、必ずクリアしておきたい内容と言えます。

最も基礎的で、それほどお金をかけずにできることは
なるべく早く・今すぐ取り組みましょう。

「体重」と「妊娠確率」の関連性

まず最初に「極端」でなければ、それほど神経質に考える必要はありません。

完璧に「中肉中背」の人こそ珍しく、
一般的には、どちらかに傾いている方がほとんどであると言えます。

あくまで、考えられる例としての解説をしたいと思います。

まず、体重が「適正」から離れていることで起きてしまうと考えられる
妊活へのデメリットとしては、「ホルモン分泌」に関するトラブルです。

しかしながら、肥満の傾向が見ららえる方が
注意すべき、女性が生理不順に陥る2大要素として

  • ストレス
  • ダイエット

以上が考えられており、「短期間の減量」は控えたいと言えます。

また極端に痩せている女性に関しても、生理のサイクルが乱れやすい傾向があり
加えて「貧血」といったリスクも上昇します。

一方で太っている人に関しても、脂質が過剰に貯蔵されている状態というのは
性ホルモンの分泌にとって、マイナスになります。

こうして考えてみると、極端な場合は妊活にとって
非常に密接な悪影響を与えるものであると言えるのです。

心配なのは「妊娠後」に現れる影響

しかしながら、本当に懸念すべきは「妊娠後」に現れるリスクと言えます。

「妊娠」が妊活のゴールではなく、「妊娠を見据えた妊活」を心掛けましょう。

そして、太っている場合・痩せている場合には
それぞれに異なるリスクが存在すると言えます。

妊娠中の「高血糖」と「高血圧」の悪化

もし「極端に太っている状態」のまま妊娠がかなった場合には
体形特有の、健康トラブル・それによるリスクが加速します。

特に顕著なものは、最も基礎的な要素である
血糖値・血圧によるものであり、場合によっては「かなり危険」です。

まず少しでも、どちらかの傾向が見られる場合には
「現在の状況が、悪化する」と考えましょう。

妊娠中は、体に栄養素を取り込む機能が強まることで
「便秘」「太りやすい」と同時に、血糖値が高くなる傾向もあります。

「妊娠糖尿病」は、胎児の健康問題につながる可能性
また、出産後の糖尿病のリスクが上昇するものであり
基本的に太っている・太る生活を送っていた方は
血糖値が妊娠する前から高い傾向があり注意が必要です。

また、妊娠中に多くの女性が経験することになる「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒)」とは
子宮周囲の組織が、血流を圧迫していることによるものであり
「余計な脂肪」が多い場合には、リスクがより高くなることは言う間までもありません。

「痩せている」ことによる悪影響影響

そして、「極端に痩せている」場合におけるリスクとしては「貧血」はもちろん
つわりによる嘔吐・食欲不振によって、より痩せていく「負の連鎖」が起きやすのです。

そもそも体が小さいことは、あらゆる変動を受けやすい
「体質が弱い」と言える状態であり、妊娠によって引き起こされる
女性ホルモンの急激な変化による影響大しても、言えることです。

身長が140cm未満・体重40kg未満の女性であっても
特に問題なく健康な赤ちゃんを出産をした例は、たくさんあります。

しかしながら、基本的にはあらゆる「許容量」が少ないと考え
入念な準備・覚悟を持つ必要があると考えましょう。

最初は基本的に現状維持

以上はやや極端な例も含めましたが、妊活の初期段階においては
まず「現状維持」の状態、「普段と変わらない」状態での取り組みを優先しましょう。

太り気味・痩せ気味の方は、妊活と平行しつつ
体形の標準化に取り組むことを心掛けましょう。