精子と卵子(生殖細胞)の劣化を食い止めるために効果的な栄養素

不妊に悩んでいるカップルは、年齢に比例してが割合増えるものであり
「加齢」という要素が、「妊娠確率」を下げることは明らかです。

また「高齢出産」が増えている分、高齢妊娠を目指す・諦めるカップルも
同時に増えている、という無視できない現実があります。

そしてその本質が、「生殖細胞の劣化」にあることは
当サイトでも繰り返し述べており、高齢妊娠・出産を目指すのであれば
「精子」と「卵子」の質の向上が大きな鍵であり、不可欠な要素になります。

生殖細胞の質の向上は、現在に妊活のメインテーマであり
「精子・卵子を若返らせる~~~」といった働きかけやアイテムの実践は
妊活に取り組むカップルに広く知られ、実際に大切なことです。

まずは日々の食生活から

体質の改善には、やはり食事による体づくりが欠かせません。

昨今の「アンチエイジング」ブームによって、「抗酸化成分」という
細胞の質を向上させる・老化から守る栄養素が注目されています。

生物の体は、細胞1つ1つの集合体であり
その1つ1つの若返りが、体全体の若返りにつながるのです。

そしてそれは生殖細胞にも言えることであり

精子・卵子を構成するものも細胞であり

また「それらを作る働きをする細胞」もまた、細胞の塊と言えます。

抗酸化成分としては、

  • ビタミンC・E
  • ポリフェノール
  • リコピン

といったものが、広く知られおり
食事から・サプリでの摂取は、それほど難しいことではありません。

特に「ビタミンE」は、「着床期」にも重要な役割を果たし
タイミング法を実践した後の、「お腹に宿る段階」にとって有効な成分と言えます

また「リコピン」に関しては、精子に質を向上させるための
ピンポイント成分であり、数少ない貴重な働きを成すものになります。

食事で摂取できない成分は特別なアイテムから

また「食生活」以外で、体の中からできるアプローチとして
「サプリ」や「漢方」の利用といったものが挙げられます。

そもそもサプリとは、「足りない栄養素」を補助するためのアイテムであり
従来の妊活サプリに関しても、「不足しがちな栄養素」が
トータルで含まれているものが、人気・利用者を集めていました。

しかしながら、「妊活のための食事」といった知識が
一般的に浸透してきたことから、単なる「栄養補助アイテム」ではなく
「プラスアルファ」を備えたもの、また最近では「若返り成分」を配合したもの
何より「食事では摂取できない成分」という魅力のあるアイテムが求められています。